白髪染めは気をつけよう【白髪染め失敗談】

人間って老いには勝てないものですよね(笑)この前、白髪染めをしたときに、いろんな意味で衝撃を受けた話です。暇な人もそうじゃない人も読んでってネ!

私は60そこそこのオバサンなんだけど、白髪染めにはあまり縁がなかったんです。
美しい黒髪を誇ってるとかではなくて、いちいちお風呂で染めるのが面倒くさくて。

でも、この齢になると法事も増えるし、中年太りだけでも隠したいのに、白髪も隠さなきゃいけないなんて。トホホ。
そこで仕方なく白髪染めを購入。意外と高くてびっくりしました。説明書と睨めっこして、透明の手袋して、太めのくしにムースを乗せて、頭にぺたぺた。

20分、体を洗ったりお湯に浸かって時間を潰しました。いつもみたいに体を伸ばしたら風呂が汚れそうで、いちいち気を遣ってハラハラした20分間(笑)いよいよ時間だ、と思って頭を流したら真っ黒な汁が!

絶対にこれお風呂掃除が面倒になるワ……という思いが頭を巡ったけど、とにかく髪は黒く染まってよかった。と、思ったのも束の間。

「……お母さん、なにしたの?」

恐々と訪ねてくる娘の視線の先には、私の頭が。

鏡をよ~く見てみると、信じられない事態が起きていたんです。
「……ザビエルみたい(ぼそっ)」

白髪は綺麗に染まったのですが、途端に髪の薄さがものすごく際立ってしまったのです。

娘曰く、真っ黒なカラーを選ぶと肌色の地肌とのコントラストがはっきりしてしまうから、薄毛をカバーしたいならブラウン系の色で染めるべきだったそうです。

翌日の法事を目前にして、私の天使の輪は輝くのでした。

白髪染めを美容院でやるべきか自宅でやるべきか?

近年、自宅でできる白髪染が充実しているので、自宅で染める人が増えているようです。
市販されている白髪染も、昔に比べて質が良くなりアフターケアのトリートメント剤が含まれている商品が多くなっています。

しかし、市販されている白髪染は、刺激が強くダメージが気になるという人も多いので、美容室も適度に利用する人が多いようです。

通販限定の白髪染を見てみると、色々な種類の商品が存在しています。
髪にダメージを掛けることなく頭皮ケアもしてくれる白髪染もあるので、そちらもチェックしてみると良いでしょう。

自宅での白髪染のレベルが上がり、美容室を利用しなくてもよい生活に出来ると思います。
トリートメントが含まれている白髪染は染まりにくいイメージがありますが、思っているよりも色がしっかりと入るので、納得できる商品が多いようです。

今まで美容室を利用していた人でも、自宅で気軽にできるということであれば購入を考えることと思います。

手軽に染めることができるスプレータイプもあるので、自分の好みに合わせた白髪染を購入しましょう。

美容室代を節約することができるので、生活にも余裕が出ると思います。そして、時間もお金も節約して、快適な生活を送ることが出来ることでしょう。

 

外人も白髪染めってするの?

外国人は、金髪や茶髪というイメージがありますが、外国人でも白髪は生えてくるものです。

金髪だと目立ちにくいですが、生えてくるみたいです。
外国人も白髪染やヘアカラーをする人が多く、日本人と同じようにダメージを気にしている人も多いのです。

日本人は黒髪が基本なので、白髪が生えてくると特に目立ってしまいます。それに比べて金髪や茶髪にしている人は目立ちにくいので、少し羨ましく感じます。

しかし、白髪に悩む人は日本人だけではなく外国人も同じなのです。外国では美容室を利用する人が一般的ですが、日本と同じように自宅でできる白髪染が人気を集めています。

そして、ダメージが掛かりにくいヘアマニキュアやトリートメント入の白髪染の売れ筋が良いようです。

金髪の外国人は、白髪が目立ちにくいようですが、色が入りづらいというデメリットがあります。

そして、色落ちもしやすいのでチョイスするカラーを選ぶのも迷うことでしょう。
しかし、顔立ちがはっきりとしているので、髪を染めなくてもそれなりにかっこよく見えるのでカラーリングはしないという人も多いようです。

白髪に悩みを抱えているのは日本人だけではないので、世界共通した悩みの一つなのです。

 

白髪染めとパーマは同時にやって良いの?

美容室で髪を染める人は多く、白髪染とパーマを同時にする人も多いようです。
白髪染とパーマを一緒にする場合は、色落ちするということを覚悟でしないといけません。

色落ちするのが嫌な人は、先にパーマを掛けることをおすすめします。
パーマの次に白髪染をするのですが、
パーマが少し落ちてしまうのでどちらを選ぶかによっても順番は異なると思います。

一般的にはパーマが先だと言われていますが、好みによって変えることができるので、
美容師に相談して決めていきましょう。

また、数日時間をおいてからパーマをするという方法もあるので、
時間に余裕のある人はそちらのほうが良いかもしれません。

また、気になるのは髪や頭皮のダメージだと思います。
美容室でもケアはできますが、自宅でのケアもしっかりと取り組んでいくことで
綺麗で健康的な髪や頭皮をキープすることができるのだと思います。

なかなか美容室に行くことができない人は、白髪染とパーマを同時に行っても良いでしょう。
昔よりもダメージを軽くすることができ、アフターケアも充実しているので、同時に行う人が多いようです。

白髪染は自宅で行い、パーマは美容室で行うという人も多いようです。
自分に合った方法で、髪のケアをしていくとよいでしょう。

haru黒髪スカルププロで黒髪へ戻す!?

haru黒髪スカルププロは、白髪や抜け毛の問題をシャンプー1つで解決してくれる優れもののシャンプーです。抜け毛や白髪でお困りの方、頭皮のべたつきが気になる方には、お勧めのシャンプーです。

育毛剤に使われている有効成分の約3倍の高濃度のキャキピシルを配合。8種類の発毛・発育成分が傷んだ髪を補修し、強い髪にしてくれます。頭皮の汚れを取りながら、髪に潤いを持たせてくれます。

口コミでは、リンスなしでもきしまないことを実感し、3か月で抜け毛が減ってきたそうです。生え際の白髪も目立たなくなってうれしいとの声が聞かれました。
白髪染でもないのに、普通のシャンプーで白髪が目立たなくなったことに驚いたという声も聞かれました。スキンケアにも時間が取れないのに、髪の毛まで手間をかけていられないという方にも、シャンプーを変えるだけで実感できることに、喜びの声が多数聞かれます。

抜け毛が予防できただけでなく、髪の毛のパサパサした感じがなくなり、髪にコシやツヤが出てきたとおっしゃる方。白髪も減っていくことから、シャンプーを使うのが楽しみになってきましたという声も聞かれました。100%天然由来の成分を含んでいるから、安心してお使いいただけます。

 

harusスカルプシャンプーがべたつくって口コミは本当!?

黒髪スカルプ・プロは、黒髪ケアをしたい人におすすめのシャンプーです。
また、薄毛や抜け毛対策にも効果的なので、中高年だけではなく若い世代にも注目を集めているようです。

若い世代でも白髪に悩みを抱えている人が増えているので、このスカルプシャンプーを購入する人が目立っています。

しかし、口コミ情報を見てみると、白髪の量が減ったという実感をしている人もいれば、髪がベタつくという口コミを寄せている人もいるので、効果はやはり人それぞれなのかもしれません。

新しい髪が生えてくるまで時間があるので、最低でも2・3ヶ月は様子を見たほうが良いでしょう。

髪がべたつくという人は、ススギをきちんとしていたのでしょうか?
また、使い始めたばかりなので、頭皮が本来の状態に戻っていない時だったのかもしれません。

薬のように直ぐに効果が現れるというものではなく、継続して使い続けることにより効果を実感できるという商品なので、毎日コツコツと続けていくことが大切なのです。

「HARUスカルプ・プロのようなシャンプーを探していた!」という声も多いので、良い声もあれば納得できない口コミもあるので、自分が試して見ることが大切だと思います。

もしかすると、自分にとって最高のケアできるシャンプーになるかもしれないのでまずは試してみると良いでしょう。

白髪染めトリートメントレフィーネ【豊富に選べる全7色】

レフィーネは、毛髪の専門知識を持つ人たちが研究して作られた成分が入っているので、安心してお使いいただけます。

体の害にならないように優しい成分だけを配合しているから髪を傷めません。増量のエコバックに入った商品は、量も今までの1.5倍。使い続けるうちに徐々に染まっていくため、自然な仕上がりを実感できます。髪を染めるだけでなく、ダメージを受けた髪の補修成分も入っているので、うれしいですね。高麗人参エキスが頭皮環境も良好に保ってくれます。

天然フルーツエキスが髪の保湿やトリートメント成分の浸透を促してくれます。7種類もあるので、混ぜてご自分の好みに合った色に染められます。

シャンプーの後、トリートメントという考えが一般的ですが、口コミでは、乾いた髪の方が染まりやすいので、入浴する前に乾いた髪にトリートメントし、クシで丁寧に分け目を作り、毛染めブラシを使って塗り、そのままシャワーキャップをかぶって、ドライヤーを当て、湯船の中で10分くらい蒸らしてから洗髪という方法を取っていらっしゃるという方がいました。

その方がきれいに染まるのだそうです。1週間くらい経つと、また白髪が目立ってきてしまうそうですから、毎週トリートメントした方がよさそうですね。

地肌と髪に優しい『くろめヘアカラートリートメント』

くろめヘアカラートリートメントは、白髪で悩んでいる方のためのトリートメント剤です。

今まで、美容院で染めてもうまく染まらず、ヒリヒリしたり、急激に染めることで髪を傷め抜け毛につながっていたという事実に不安を覚えている方のためのトリートメント。
毎日使っても、安心の天然成分が配合されています。

アトピー肌の方にも安心してお使いいただけます。きれいに染まるだけでなく、髪に艶が戻ってきて、髪通りがよくなります。
黒目ヘアカラートリートメントは、わずか1分間で傷んだ髪を補修し、つやのある髪に導いてくれます。希少な昆布くろめは、抗菌、抗酸化作用だけでなく、紫外線から髪を守ってくれます。色は、ブラック、ライトブラウン、ダークブラウンの三色。初回購入の方限定で、シャワーキャップ、クシ、巾着がついています。

いつものシャンプーにトリートメントするだけの手軽さが、続けられる秘訣です。
タオルドライの後、手のひらや、付属のコームに載せて、気になる箇所に塗って、シャワーキャップをかけ、10分以上保湿してから、丁寧に洗い流します。洗った後は、ドライヤーで丁寧に乾かしてください。
より美しく染まるために、最初の一週間は毎日お使いになることをおススメします。
染まり始めは週に2~3回、その後徐々に間隔をあけて行ってください。染まらない場合は、保湿の時間を30分以上置くようにしてください。

ラサーナヘアカラーでしっかり白髪染め!

ラサーナヘアカラーは、ピンクのかわいらしいパッケージの白髪染め。

最初はオレンジ色だったのに、みるみるブラウンに変色し、髪につけるとシュワッと消えてなくなる感じ。まるでタオルドライしているみたいだそうです。染めた気がしないまま15分くらいしてから洗髪。洗面台も真っ黒になってしまうこともなく、リンスをした程度。タオルドライ後に、パッケージに入っていた、洗い流さないヘアエッセンスを少量髪につけてヘアドライしたところ、きれいに染まっていたそうです。白髪がきれいに染まるだけでなく、髪に艶が出てきてとてもいい感じだそうです。

一般的なヘアカラーは、発色がよく髪の色も長持ちするけれど、頭皮や髪の毛へのダメージが大きいということでした。

羅さーなヘアカラーは、ムースタイプの為、液だれの心配がありません。乾いた髪の毛になじませ5~15分ほど置いて、シャンプーやトリートメントの後に洗い流すだけ。とっても簡単なお手入れで済みます。頭皮や髪の毛へのダメージの心配もありませんし、発色がよくムラがないので、きれいに染まります。頭皮への色素の残量もないため、衣服を汚すこともなく安心してお使いいただけます。一回あたりのコストが300円未満と、お財布にも優しいケアがうれしいですね。

利尻ヘアカラートリートメント白髪染め【髪しっとりサラサラ】

利尻ヘアカラートリートメント白髪染めは、自宅で簡単に染められるシャンプーです。
白髪染め特有のツンとくる嫌なにおいもなく、10分できれいに染まるから、白髪用ヘアマニキュアの中で2年連続全国第一位の売り上げを誇っています。

美容院に行くのも面倒だし、お金がかかることも心配だし、白髪が目立ってきて何とかしたいけれど、自宅で染めるのも面倒とおっしゃる方、いつものシャンプーの後のトリートメントをこの利尻ヘアカラートリートメントに変えるだけでいいのです。簡単に染まるだけでなく、天然由来の28種のうるおい成分が髪の毛に艶をもたらしてくれます。
バラベンや香料といった体に悪い成分が含まれていないから、安心してお使いいただけます。

白髪があると実年齢より老けて見られがちですよね。それが、このトリートメントできれいに染まるだけでなく、サラサラ感が持続するから、髪の指とおりがよくなるのです。

いつまでも触っていたいサラサラで艶のある髪は、あなたを元気にしてくれること間違いなし。染めてもヒリヒリすることもないから、安心してお使いいただけます。

使い続けるうちに、しっとりサラサラ感が持続して、ウキウキして外にお出かけしたくなりますよ。

利尻は人気の白髪染めですが、最近ではルプルプっていう白髪染めも気になります。

【40代女性限定】白髪染めの流行りを教えて!

当サイトでは、40代女性の方を対象に最近流行りの白髪染めや、
白髪に関する知識などをご紹介していこうと思います。

白髪染めには、トリートメントタイプ、ムースタイプなどがありますが、
最近の人気はどのタイプの白髪染めなのでしょう?

髪や頭皮に優しいトリートメントタイプの白髪染めも人気ですし、
一度でしっかり染めたいという方は、ムースタイプの白髪染めが
お好みのようです。

また、最近では白髪を染めないけど、黒くする効果が期待できるという
シャンプーもあったります。

どれが良いの?と思うかもしれませんが、これは実際に利用するあなたの
目的や用途、そして相性によっても変わってきます。

まずは、色々な商品を試してみるというのも大切です。
実際に使ってみないと何ともいえない部分というのがかなりありますからね!